エチケット X エチケット ~ワインと●●袋~

エチケット=礼儀作法。 お酒、特にワインのラベルは『エチケット』と呼ぶそうですね。 もう一つの『エチケット』はゲ●袋。 飛行機の機内でもらえるアレです。 ワインとゲ●袋の魅力をお伝え。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて…

このブログ…
友人・知人・親族など、私に繋がる人にはいっさいブログの存在を明かしていなかった。

訳は…

①会社にばれたくない(更新はちゃんとお家のPCからやってるが…)
 ⇒ 理由:なんとなく。タダでさえの変人扱いが、さらに変人扱いされるかなと思って…。今のところそれほど変人扱いされるブログにはなってないな。

②「コイツ、知ったかぶりしやがって!」と友人、知人に思われたくない。
 ⇒ ブログの内容って(ほとんどのブログがそうだと思うが…)、筆者のナルシストぶりが滲み出るので、友人・知人にこれ以上変態あつかいされたくない。そして、知ったかぶりって言われたくない。「知ったかぶり」ってワードはブログには禁句だと思うんですが、他の方はどうお思いなのでしょうか…?

③友人・知人以外にいったいどれくらいの人がこのブログを見るのか興味があった

つまり、自分の超趣味の世界を覗かれ変態されるのが嫌なんだろう。今でも十分、へんてこな趣味を持っているので、変態扱いですがね。

そんなこのブログを、東京在住の友人に明かした。丁度、帰阪していたので、我が家に招待した。その時友人がブログをやってるってことで、お互い紹介。

ついにリンクを貼るということに相成りました! NSBG

また彼女にしか明かしていない、このブログの存在。果たして…
スポンサーサイト

特売品の訳 トカップ

特売品


先日の甲州ワインに続けと母がスーパーで買ってきたワイン。母が嬉しそうに、
「いくらやったと思う???」と聞いて来た。
だいたいそんな時は安売りの特売品をゲットした時。なので、「あ~590円くらい?」と適当に聞くと、「オシイ!620円やってん。スーパーの見切り品の棚にあってん★」と嬉しそう。
ただ、「もし美味しくなかったら料理に使おうと思って…」と自己防衛も忘れてはいない。

十勝ワイン トカップ

十勝ワインかぁ。飲んだことなかったので、どれどれと。
本日のメニューは母の手作りミートソーススパゲッティーです。

抜栓直後は、野菜室のちょっと冷やしすぎ温度だったので、味も刺々しく飲めたもんじゃなかった… こりゃちょっと置かなきゃ、とグラスのまま放置。。。 温度も上がってきたので、一口。 むむ… タンニンが渋すぎる。果実味が乏しすぎる。。。 温度の問題だけじゃなさそう… 香りもあんまり昇ってこないなぁ… ハッキリ言ってマズイ(汗) 見きり品の棚ッてのが引っかかる。こっちの保存状態だけじゃなさそう。グラス1杯で終了。料理に使ってください…

トカップってどんなワインだって調べてみたら、十勝ワインの主力商品やん。こりゃ見きり品をつかまされた母が悪かったのだろうね…

味はともかく、エチケットはちょっとパンチが効いていてなかなかだと思う。日本産をアピールすべく商品名は毛筆書き。クリーム色のベースにワインレッドで池田町の風景をプリント。フランスとかだと、シャトーの建物だけに終わってしまいがちな風景画プリントだが、こちらは町長の旗振りのもと行われた事業だけあって、町全体を大胆にエチケットの1/2にあしらっている

今度はもう一度、美味い十勝ワインを飲みたい。

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

トルコより発出展 アンゴラ


私の誕生日、何か変わったものを食べよぅ ってことで、トルコ料理を食べに行きました。
トルコに行ったのは6年前の2001年。それ以来、トルコ料理って食べていない。当時はイランから抜けてきたこともあって、「さすが世界の三大料理!」と驚いたもんだ。
それから7年。舌も肥えた私は美味しくトルコ料理を食べることができるのか…

初のトルコワイン


めんどくさいのでコースでオーダー。最初はビールで乾杯しました。エフェスビール。 トルコの国民的ビール。トルコでは禁酒明け(イランは禁酒の国)とあって、とてもお世話になったエフェス。 今飲むとちょっとコクが足りない…。とってもライトなビールだ。

アンゴラ 2006

コースの前菜とともにサーヴしてもらったのでが、本日のワイン。抜栓当時から果実臭が感じられる、なかなかのワイン★ 前菜の豆のペースト、ひよこ豆のスープなんかによく合った。開くのも早く、ペースも速い★

ただメインのシシカバブたちにはちょっと合わなかったなぁ… 美味い羊の肉だったので、もちょっと骨格があるワインでもよかったのかも。 昔トルコの定食屋で食べた、キョフテをトマトスープで煮込んだ料理によく合いそう

エチケットは… あんまり覚えていない(汗)

エチケットの中心のエンブレムの中に何が描かれていたのか…思い出せない。携帯の画像では限界か…

最近、記憶力が乏しい…

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

日本の名品種 甲州

グラスは・・・


誕生日に届いた引き出物。リーデルのグラス4脚。赤ワイン用って書いてあったけど、ちょっと小ぶり(写真左。右は以前からあるリーデルちゃん)なので、さっそく白に合わせてあげることにしました★

日本の名品種


先日山梨に行ったのは、富士山に登るため。富士山の麓、富士吉田 浅間神社(800m)から山頂まですべて踏破。その記念に山梨と言えばのワインを買ってきました。

勝沼甲州 シュールリー 2005

キャップシールを取った瞬間、…ん?コルク、やばくねぇ?なんか…ブショネ?
ワインの3~5%にあるブショネについに当たったのかと言う、へんな優越感を感じてしまった。でも実際に飲んでみるとキリッと問題なく飲めた。
最初は、少し冷やしすぎたかもだけど、飲んでいくうちに少しづつ開いてきた。ただ、開ききる前に飲み干してしまった~

エチケットデザインはブルゴーニュを思わせる、なんともシンプルベース。ワインエチケットに基本のグレー×ゴールドの2色使い。フォントは秀麗な楷書体で統一。シンプルな中にニッポンの を表現。白ワインにはこんなシンプルさがいいのだろう。

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

東海道中のシメに ビリッロ2005

birillo


8月末、山梨県から路線バスとJR東海道線を青春18切符を使って帰阪。所要時間は約10時間。よく帰ってきたもんだ。
地元の駅で夕食を済ませて帰る。東海道中のシメはこちら…

ビリッロ 2005 店内価格4000円

地元の駅近のイタメシ屋。昔はまぁまぁなお味だったこのお店も、オーナーが代わりちょっと味が… でもワインはそこそこの物を(コストパフォーマンス)出してくれる。よく売りきれているけどね(汗)
このワインも飲み口よくって、カベルネっぽい感じのしっかりした香り。親父殿もヨシヨシと美味そうに飲んでくれる。ナイスチョイス!

エチケットはあんま覚えていないけど…
ベース薄いブラウンにテクスチャ。字体をLucida Consoleで統一しレトロ感を演出。確かになんとなく懐かしい感じのアフターを味わえるワインではあるなぁ。ウンウン。サークルのエンブレムをあしらいまして、モダンレトロの出来上がり★


テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。