エチケット X エチケット ~ワインと●●袋~

エチケット=礼儀作法。 お酒、特にワインのラベルは『エチケット』と呼ぶそうですね。 もう一つの『エチケット』はゲ●袋。 飛行機の機内でもらえるアレです。 ワインとゲ●袋の魅力をお伝え。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めた 大韓航空


KOREAN AIR


私の勝手な想像に、
『4回以上海外旅行している人の3人に1人は大韓航空に搭乗した事がある』
という思い込みがある。あながち嘘ではないと思う。
4回以上海外旅行をしている人の半分~3分の2は韓国旅行をしたことがあるんじゃなかろうか…?
日本から時差なし・ビザなしで、さらに食にウルサイ日本人の胃袋を満たしてくれる国、大韓民国。
この国のメインキャリアが、そう…『大韓航空』

日本も空も食っちゃうぞ! KOREAN AIR 大韓航空

何を隠そう、私も大韓に乗るのは2回目(以外に少ないかな…?)2006年11月に搭乗。2006年秋から、ソウル=ラスベガスが就航したのです★

日本人にとってラスベガスへは、成田からの日本航空JALが一番メジャーでした。しかし、ついにJALはラスベガス撤退!その撤退を受けて就航したのが、この大韓航空だったのです。
大韓のしたたかな戦略がうかがえる、このソウル=ラスベガス。日系エアラインは大韓航空には勝てないと思わざるをえません…

そもそもJALは使いやすかったのか…?私の第2の故郷・ラスベガスへはこれまで3回行ってますが、一度もJALは使ったことがないのです。理由は日本国内の乗り継ぎの悪さ…。国内線で直接成田へ乗り継げる便が少なく、地方空港⇒羽田⇒成田⇒(LA)⇒ラスベガスという便利なんだかよく分からない経路。
私も過去2回は関空からタイ航空(関空=LAはすでに撤退)&ユナイテッド航空、ノースウエスト航空(デトロイト経由なので微妙…)を利用しました。乗り換え回数が少ないもん。

さてしたたかな大韓航空は、ラスベガスという魔都の利点を有効利用し、弱点を逆手に取った脱帽の(私だけ?)戦略をひっさげ就航しました。まさに日本の顧客総ナメ作戦だね。

ラスベガスの魅力は、リピーターが多いこと。ラスベガスを訪れた観光客の80%がリピーターになり何度もラスベガスを訪れます。つまり安定した搭乗率を見こめるということ。さらに大韓航空は日本の地方都市にも就航しており、1回の乗換えだけでラスベガスへ連れていってくれる。わざわざ日本のハブ空港まで出てこなくてもいい。またフライトスケジュールをソウル夜発にすることで、ほぼすべての地方都市からの乗り継ぎを可能に。
そしてラスベガス到着時は夕方。砂漠のラスベガスに昼間に到着&出発することは原油価格高騰中の現在、かなりの燃料費をロスすることに。夕方到着・夜中出発は燃料費を押さえることができます。ラスベガスは空港からメインのストリップホテル街まで車で15分と近く、24時間眠らない街なので、夕方到着しても、その日思いっきり遊べます。

そんだけ考えてるから、航空券も安いし、ラスベガスに限らず、かなり手広く世界中に就航してるので、日本のお空は大韓の青に染められちゃう日も遠くないでしょう…

サービスの向上も著しいしね。名前だけで乗らないアナタ!大韓の機内食はウマイよ。遊びつかれたラスベガスの帰り、ビビンバについてくるワカメスープ。あれ、サイコーよ。

ビビンバはこれで食え!

デザインに関しては、安っぽいブルー地にそのまま3カ国語でゲロちゃんを素直に配置。このブルーが機体の水色ブルーでロゴの太極(字、あってるんかな?)を紅白であしらってもらえれば、かなり目を引く一品になったものを… さすがにゲロちゃんに印刷コストはかけられないか…残念。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://konbudashi.blog106.fc2.com/tb.php/4-296f5151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。